ホーム » 仕事場はフリーランスエンジニアとして大事

仕事場はフリーランスエンジニアとして大事

フリーランスエンジニアとして働くのなら、仕事場の環境はとても大事になってきます。
最も必要になるのはパソコンで、特に持ち運びができるノートパソコンもいいのですが、いろいろとカスタマイズしやすく性能が高いデスクトップタイプも人気があるようです。仕事の処理速度を上げるため、最近ではパソコンをカスタムしてメモリを増設したりハードディスクをSSDにしたりする人もいます。デュアルモニターにしたり、キーボードを独特のものにしたりもできるでしょう。

もう一つ必要になるのがネット回線で、特にネット回線の速度はそのまま仕事の効率を左右します。いろいろなデータをやり取りすることが多いフリーランスエンジニアですから、ネットの速度が遅いとそれだけで仕事の効率が悪くなり、逆に速度が出れば作業効率も大幅にアップするのです。
特に仕事の忙しさに波があるのも珍しくないのがフリーランスエンジニアの特徴ですから、仕事場の環境を整える必要があるでしょう。仕事に関しては基本的な9時から6時まで働く人もいますが、多くの人はそれ以上の長時間労働になることが多いようです。

ただ、受ける仕事の量や内容、効率よく処理できるかどうか、個人の考え方などによっても忙しさは大きく違います。また、業種によっては取引先が海外になり、時差が発生することによって深夜に打ち合わせが入ったりするため、不定期な労働時間となることもあるようです。このため、中には仕事場にベッドを置いている人もいます。
フリーランスの効率アップと高い生産性を生み出す仕事場の環境作りについてはこちらから。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です